Tast of Japan

[和食ワールドチャレンジ決勝] 優勝者はワン ウェイ ピン選手

[和食ワールドチャレンジ決勝] 優勝者はワン ウェイ ピン選手

日本料理を世界各地で振舞う5名のシェフによる頂上決戦 が東京・汐留で 2月20日(木)・21日(金) に行われ、 ワン ウェイ ピン選手(中国 国籍、SUN with AQUA JAPANESE DINING SUNTORY 所属) が優勝を果たしました。

日本料理を世界各地で振舞う5名のシェフによる頂上決戦 が東京・汐留で 2月20日(木)・21日(金) に行われ、 ワン ウェイ ピン選手(中国 国籍、SUN with AQUA JAPANESE DINING SUNTORY 所属) が優勝を果たしました。

2位に輝いたのは、 ヤエル ピート選手(アメリカ 国籍 、Fury‘s所属) 、3位は ロウ マン ホン選手(シンガポール 国籍、Fat Cow所属)です。

01

予選大会を経て、香港、シンガポール、パリ、サン・セバスチャン、ニューヨークから集まった5名の料理人が2日間に渡り日本料理の技・センスを大会テーマの「UMAMI」そして今年のテーマ「食感~Texture and Mouthfeel~」に合わせて競いました。

02-06

審査員からは、「7回目を迎え、年々ファイナリストの技術が上がっている。うま味を中心に料理を構成するという日本料理の基本を踏まえながら、各国の料理の特徴や独自のアイデアを盛り込んだ多様な『日本食』を創造していくということは日本料理の可能性を広げる。

今回のファイナリスト達の料理は、どれもそういった点で評価ができ、蛤のお寿司の酢飯に中国の黒酢を使用したワン選手の作品は日本料理でありながら自国のテイストを取り入れたアイデアが素晴らしかった。」として勝者が決定した。

07

選手は1日目に共有の食材を使った「煮物椀」を作成し、2日目はオリジナルレシピを半月盆の器に盛り付けした料理(前菜5品以上)を作成。ワン ウェイ ピン選手は「お店のオーナーや仲間に感謝します。また、上海に戻ったら健康的で美味しい日本料理の素晴らしさを伝えていきたいです。」と優勝の喜びを表し、今後も日本料理の道を邁進していく志を語った。

08 09 10 11

■ファイナリスト

▼香港(選手番号2) WANG Wei Ping選手(ワン ウェイ ピン、中国国籍、Sun with Aqua Japanese Dining Suntory所属)

14-15

▼ニューヨーク(選手番号1)Yael PEET選手(ヤエル ピート、アメリカ国籍、Fury‘s所属*)*2020年夏オープン予定

12-13

▼シンガポール(選手番号3)Loh Man HONG選手(ロウ マン ホン、シンガポール国籍、Fat Cow所属)

16-17

▼パリ(選手番号4) Wojciech POPOW選手(ヴォイチェ ポポウ、ポーランド国籍、Beaverbrook所属)

18-19

▼サン・セバスチャン(選手番号5)Mireia FARNÓS ESPUNY選手(ミレイア ファルノス エスプニー 、スペイン国籍、Basque Culinary Center所属)20-21

審査員

審査員長:村田吉弘氏
(菊乃井3代目主人、特定非営利活動法人日本料理アカデミー 理事長、 日本食普及の親善大使)

審査副員長:仲田雅博氏
(学校法人大和学園 理事、京都調理師専門学校 校長)

審査員:松尾英明氏
( 日本料理 柏屋 総料理長、日本食普及の親善大使)

特別審査員:小島よしお氏
(お笑い芸人)

22

皆様の温かい応援、誠にありがとうございました。


更新日:2020年02月22日