Tast of Japan

日本産食材サポーター店認定制度のご紹介

良質で安全な、日本の食材とお酒等を世界の人々に伝える。
この取り組みに共感し、世界各地から発信してくれるパートナーを募集しています。

日本産食材サポーター店認定制度とは

日本産農林水産物・食品の海外発信を強化するため、「海外における日本産食材サポーター店の認定に関するガイドライン」に従い、国外にある、日本産食材・酒類を使用しているレストラン・酒専門店、日本産食材・酒類を取り扱う小売店を「日本産食材サポーター店」として認定する制度です。

※Taste of Japanサイト掲載店舗基準変更のお知らせ
本サイトには日本産食材サポーター店のみを掲載する運びとなりました。
本サイトへの情報掲載をご希望の店舗様は、以下の申請フォームから日本産食材サポーター店へのご申請をお願いいたします。
また、日本産食材サポーター店ではない店舗様で既に本サイトに情報掲載されている店舗様につきましても、
今後も本サイトへの情報掲載の継続を希望される場合は、申請フォームから日本産食材サポーター店へのご申請をお願いいたします。

~日本産食材サポーター店に認定されるメリット~
・日本産食材サポーター店ロゴマークや認定証を使用し、日本産食材を販売・活用していることをPRすることができます。
・本Taste of Japanサイトにお店の情報を掲載することができます。
・ジェトロから日本産食材サポーター店に、日本産食材情報、イベント情報などのメールマガジンを配信します。
(一部配信ができないお店もごさいます。)
※申請いただいた後、認定団体又は運用・管理団体による審査を経て認定となります。
※日本産食材サポーター店への申請・登録に係る費用や年会費はございません。

認定及び掲載までの流れ