Tast of Japan

日本食のレシピ

レシピ検索

ぶりの酢豚風

酢豚は、独特の甘みと酸味で人気の高い広東料理です。豚肉の代わりに日本で養殖された肉厚のぶりを使ったことで、味に新しい工夫が生まれました。しょうがを使ったたれにぶりを漬け込むので、風味が引き立つだけでなく、ソースもからみやすくなります。

材料(約4人分)

ぶりの切り身:200 g(約7オンス)
A 〔酒:大さじ2、醤油:大さじ1、しょうが汁:小さじ1〕
玉ねぎ:1/4個
赤パプリカ、黄パプリカ:各1/4個
ピーマン:1個
干しシイタケ(戻したもの):2枚
パイナップルの輪切り:2切れ
B 〔チキンスープ:100 cc(約1/2カップ)、醤油:大さじ2、酢:大さじ2、ケチャップ:大さじ3〕
片栗粉:適量
植物油:適量

ぶりの酢豚風
  • 1
    ぶりの切り身から骨を取り除き、一口大に切る。Aの材料を混ぜ合わせ、ぶりを漬け込む。
  • 2
    野菜とパイナップルの輪切りを一口大に切る。
  • 3
    揚げ油を170°Cに熱し、片栗粉をまぶしたぶりにこんがりした色がつくまで揚げて油をきっておく。
  • 4 中華鍋に油を熱し、野菜とパイナップルを炒める。Bの材料を加え、沸騰するまで煮る。揚げたぶりを加えたら、同量の水で溶いた片栗粉をまわし入れ、とろみをつける。
レシピ監修
料理研究家 フルタニマサエ
和、洋、中の料理や菓子など、世界各国の食文化を幅広く学ぶ。現在は料理教室で教えているほか、自身で各種セミナーを主催。食品会社向けに新しいレシピも開発している。
レシピ検索
食事の種類
料理のタイプ
主な食材
季節
キーワード