Tast of Japan

日本食のレシピ

レシピ検索

抹茶風味のフロッケンザーネトルテ

ドイツの伝統的ケーキと日本の抹茶を組み合わせました。明るいグリーンは見た目にも鮮やかで、抹茶独特のほろ苦さが濃厚な生クリームの風味をさらに引き立てます。シュー生地に抹茶クリームだけをはさんでももちろんおいしいのですが、マロングラッセを加えるとさらに風味豊かになります。

材料(約4人分)

シュー生地
溶き卵:3個分
A [水:60cc(約大さじ4)、バター:50g(約大さじ3.5)]
B [砂糖:小さじ1/2、塩:1つまみ、薄力粉:70g(約2.5オンス)]
生クリーム:200cc(約 1カップ)
C [抹茶パウダー: 大さじ1、砂糖:大さじ2]
マロングラッセ:8個
D [抹茶パウダー: 大さじ1、粉砂糖:大さじ3]
アーモンドスライス:大さじ2

抹茶風味のフロッケンザーネトルテ
  • 1
    Aを鍋に入れて熱し、沸騰したら火から外す。Bを加えて、一かたまりになるまで混ぜ合わせる。
  • 2
    1に溶き卵を少しずつ加えながら、木べらでよく混ぜる。
  • 3 木べらを2の生地から少し持ち上げてみて、生地が落ちるくらい柔らかくなったら、ベーキングシートの上に直径15cmほどの円形に薄く伸ばす。これを3枚作る。シュー生地1枚にだけ、みじん切りにしたアーモンドを散らす。200 ℃(華氏392度)に熱したオーブンで焼き色がつくまで約15分間焼く。
  • 4 Cの材料を混ぜて少量のお湯で溶く。泡立てた生クリームと合わせたら、細かく砕いたマロングラッセを加えて軽く混ぜ合わせる。
  • 5 焼いたシュー生地1枚の上に抹茶クリームを伸ばし、その上にさらにシュー生地1枚を重ね、抹茶クリームをもう一度乗せる。最後に、アーモンドを散らしたシュー生地を一番上に乗せ、Dを混ぜ合わせたものを表面全体にまぶす。
レシピ監修
料理研究家 フルタニマサエ
和、洋、中の料理や菓子など、世界各国の食文化を幅広く学ぶ。現在は料理教室で教えているほか、自身で各種セミナーを主催。食品会社向けに新しいレシピも開発している。
レシピ検索
食事の種類
料理のタイプ
主な食材
季節
キーワード